ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

トップページ健康・福祉介護・福祉介護 > 介護保険制度改正のお知らせ

介護保険制度改正のお知らせ

 平成27年度より介護保険制度が改正されました。改正に伴い、平成27年8月より利用者負担も見直されます。

①一定以上所得者は利用者負担が2割に変わります。
 本人の合計所得金額が160万円以上で、同一世帯の第1号被保険者の年金収入+その他の合計所得金額が、単身世帯280万円以上、2人以上世帯346万円以上ある人につきましては、利用者負担が1割から2割に変わります。

②介護保険負担割合証が発行されます。
 利用者負担の割合(1割または2割)が記載された「介護保険負担割合証」が発行されます。介護サービスを利用する際は、「被保険者証」とともに「介護保険負担割合証」を提示する必要があります。

③高額介護サービス費の基準が変わります。
 月々の負担の上限(高額介護サービス費の基準)が変わり、負担上限額の区分に「現役並み所得者に相当する方がいる世帯※」が新設されます。
 ※「現役並み所得者に相当する方がいる世帯」とは
  同一世帯内に65歳以上(第1号被保険者)で課税所得145万円以上の方がいる世帯で、
  ・ 同一世帯内に第1号被保険者が1人の場合: 年収383万円以上
  ・ 同一世帯内に第1号被保険者が2人以上いる場合: 年収の合計額が520万円以上

④食費・部屋代の負担軽減の基準が変わります。
 介護保険施設等を利用した場合の食費・部屋代について、配偶者が住民税課税者である場合や、預貯金等が一定額(単身1,000万円、夫婦2,000万円)を超える場合は、食費・部屋代の負担軽減は受けられません。

⑤特養の相部屋(多床室)に入所する市町村民税課税世帯の方等の部屋代負担を見直します。
 特別養護老人ホームの相部屋(多床室)に入所する方(ショートステイ利用者を含む。)のうち、市町村民税課税世帯の方等については、平成27年8月から新たに「室料相当」を負担していただくこととなります。

沖縄県介護保険広域連合
利用者負担の見直し等について【平成27年度 介護保険制度改正】

http://www.okinawa-kouiki.jp/docs/2015052100026/



  
 
 
 
 

このページは障がい・長寿課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
電話番号: 098-850-5320(障がい福祉班) 098-856-4292(介護長寿班) 098-856-7727(地域包括支援班)      FAX番号: 098-856-7046(障がい福祉班・介護長寿班) 098-856-7876(地域包括支援班)
問い合せはこちらから

ページのトップへ