ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

トップページ健康・福祉介護・福祉認知症について > 「認知症サポーター養成講座」受講生募集中!

「認知症サポーター養成講座」受講生募集中!

認知症サポーター養成講座とは

 認知症について正しく理解していただくための講座です。地域住民、職場、学校等で講師(認知症キャラバン・メイト)を派遣し実施します。
講座を受講された方は「認知症サポーター」となります。
 

認知症サポーターとは

「認知症サポーター養成講座」をうけた人が「認知症サポーター」です。
認知症サポーターにはなにか特別にやってもらうものではありません。認知症を正しく理解してもらい、認知症の人や家族を温かく見守る応援者になってもらいます。そのうえで、自分のできる範囲で活動できればいいのです。
活動例
・友人や家族にその知識を伝える。
・認知症になった人や家族の気持ちを理解するよう努める。
・隣人、あるいは商店・交通機関等、まちで働く人としてできる範囲で手助けする。
また、サポーターの中から地域のリーダーとして、まちづくりの担い手が育つことも期待されます。なお、認知症サポーターには、認知症を支援する「目印」
として、ブレスレット(オレンジリング)をつけてもらいます。このオレンジリングが連繋の「印」になるようなまちを目指します。

対象

地域住民、職場、学校などの集まりで概ね10人以上とします。

【開催例】
地域 自治会、町内会、老人会、婦人会、子ども会、サークル 等
職場 企業・商店組織・団体(コンビニエンスストア、スーパーマーケット、商工会、同業者組合 等)
公共サービス関係(行政サービス全般、郵便局、金融機関、警察、消防 等)
公共交通機関(バス、モノレール 等)
学校 小学校、中学校、高等学校、専門学校、大学、PTA 等)
 

受講料

・無料(講師派遣にかかる費用、教材、オレンジリング等)

講座内容

・認知症とは何か
・認知症の症状とは
・早期診断、治療の重要性
・権利擁護
・認知症の方への対応方法
・家族の支援、サポーターとしてできること
 

時間

・1時間30分程度。

申し込方法・開催までの流れ

①申請者は、豊見城市地域包括支援センター(以下「事務局」という。)へ
「認知症サポーター養成講座開催申込書」を添え申込む。
※申し込みにあたり、10名以上(自治会・職場・学校など)の受講者がいることが条件。
※申し込みから講座開催まで約一ヵ月かかりますので、講座開催希望日の約一ヵ月前までにお申し込み下さい。
②事務局において、キャラバン・メイト(講師)の選定を行う。
講師決定後、事務局より申請者へ連絡を入れます。
③申請者とキャラバン・メイト(講師)で、講座の内容、開催場所、物品の準備等について打ち合わせを実施。
※教材、講師謝礼金等の開催に関する費用は無料
→教材、DVD、アンケート用紙などの物品は事務局より開催場所等へ送付します。

お問い合わせ先

豊見城市 障がい・長寿課
地域包括支援班(豊見城市地域包括支援センター)
TEL:098-856-7727
FAX:098-856-7876

このページは障がい・長寿課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
電話番号: 098-850-5320(障がい福祉班) 098-856-4292(介護長寿班) 098-856-7727(地域包括支援班)      FAX番号: 098-856-7046(障がい福祉班・介護長寿班) 098-856-7876(地域包括支援班)
問い合せはこちらから

ページのトップへ