ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

トップページ健康・福祉介護・福祉認知症について > 認知症初期集中支援チーム

認知症初期集中支援チーム

もしかして認知症?まずはご相談ください。

「もしかしたら認知症かも?」、「認知症の治療を受けてほしいのに、病院に行ってくれない。」など認知症についてのお困りごとはありませんか?

豊見城市地域包括支援センターへご相談ください。

状態に応じて「認知症初期集中支援チーム」がサポートします。

認知症初期集中支援チームとは? 

認知症の診断や治療ができる医師と保健師・社会福祉士等の専門職で構成されるチームです。

どのようなことをしてくれるの?

認知症の方やそのご家族を訪問し、認知症に関する情報提供や医療機関の受診、介護保険サービスなどの利用につなげるための支援を行います。最長6か月を目安に集中的にチームで支援を行います。

対象となる方は?

豊見城市に住所がある40歳以上で自宅で生活をしている認知症の症状などでお困りの方です。

認知症チェックリスト 認知症予防財団より抜粋                           

このテストは、認知症のごく初期、認知症の始まり、あるいは認知症に進展する可能性のある状態を、ご自分や家族などが簡単に予測できるように考案されたものです。
下記のような症状がないか、チェックしてみましょう。

該当する項目に〇をつけてください。
 

質問項目 ほとんどない ときどきある 頻繁にある
同じ話を無意識に繰り返す 0点 1点 2点
知っている人の名前が思い出せない 0点 1点 2点
物のしまい場所を忘れる 0点 1点 2点
漢字を忘れる 0点 1点 2点
今しようとしていることを忘れる 0点 1点 2点
器具の説明書を読むのを面倒がる 0点 1点 2点
理由もないのに気がふさぐ 0点 1点 2点
身だしなみに無関心である 0点 1点 2点
外出をおっくうがる 0点 1点 2点
物(財布など)が見当たらないことを他人のせいにする 0点 1点 2点
該当する項目の数字を合計してください。
0~8点 問題なし   もの忘れも老化現象の範囲内。疲労やストレスによる場合もあります。
8点近かったら、気分の違うときに再チェック。
9~13点 要注意 家族に再チェックしてもらったり、数か月単位で間隔を置いて再チェックを。
認知症予防策を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。
14~20点 要診断 認知症の初期症状が出ている可能性があります。家族にも再チェックしてもらい、結果が同じなら、専門医や豊見城市地域包括支援センターに相談を。

相談窓口

豊見城市地域包括支援センター
電話 098-856-7727

このページは障がい・長寿課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市翁長854番地1
電話番号: 098-850-5320(障がい福祉班) 098-856-4292(介護長寿班) 098-856-7727(地域包括支援班)      FAX番号: 098-856-7046(障がい福祉班・介護長寿班) 098-856-7876(地域包括支援班)
問い合せはこちらから

アクセスマップ

ページのトップへ