ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

トップページ健康・福祉健康予防接種・感染症 > 予防接種全般に関すること(種類、接種場所、接種方法など)

予防接種全般に関すること(種類、接種場所、接種方法など)

市が接種費用を助成している予防接種について

●豊見城市では、市に住民登録をしている方の定期予防接種(予防接種法にもとづき実施される予防接種)について公費助成を行っており、すべて無料で受けることができます。
  ※高齢者の予防接種のみ一部自己負担があります。

(予防接種の種類・接種間隔など)



●定期の予防接種以外のもの(任意接種:おたふくかぜ、ロタ等)についての助成は行っておりません。
  • ●定期の予防接種についても対象期間をすぎると有料になります。期間内に受けるようにしてください。

予防接種の受け方について

  • ●定期の予防接種については、それぞれの予防接種ごとにお子様が対象年齢(月齢)になるひと月前頃にお知らせ(予診票)を送付します。
  • ●予診票は、その予防接種の費用助成対象であることの証明でもあります。届かなかったり紛失された場合は再送付いたしますので、健康推進課までご連絡ください。
  • ●定期の予防接種は個別接種(市が指定した医療機関で行う予防接種)で実施しています。予診票が届いたら同封された説明書を良く読んで、説明書に記載された医療機関に電話予約をしてください。
  •  接種当日は予診票と親子健康手帳(母子手帳)を忘れずに持参してください。
  •  
  • (豊見城市予防接種指定医療機関)


  • 他市町村から転入してきた場合

  • ●他市町村から豊見城市に転入された方は、それまでに受けた予防接種の記録を健康推進課にご連絡ください。予防接種の記録は個人情報なので市町村間で教えあう ことができないため、ご本人(保護者)からの連絡がないと必要なお知らせを適切なタイミングでお送ることができなくってしまいます。ご協力をお願いいたし ます。
  •  
  • (予防接種状況連絡票)
  • ※画像をクリックすると大きなファイルが見られます。(PDFファイル)
  •  
  • 他市町村へ転出する場合

  • ●豊見城市から送られた予診票を使って予防接種を受けられるのは、豊見城市に住所がある間だけです。他市町村に住所を移した時は、転出先の市町村の予防接種担当課に連絡し、その市町村での受け方をたずねてください。

県外で予防接種を受ける場合

  • ●里帰りなどで一時的に県外に滞在中に予防接種を受ける際は、豊見城市が発行する「予防接種実施依頼書」が必要となります。依頼書がないと接種費用の払い戻し が受けられないだけでなく、万が一予防接種による事故があった場合に法律による救済措置が受けられなくなりますので、必ず依頼書の発行申請をしてくださ い。
●接種費用についてはいったん自己負担していただいた後で、基準に基づいて払い戻しをいたします。

(予防接種実施依頼書交付申請書)
  • ※画像をクリックすると大きなファイルが見られます。(PDFファイル)
  •  

このページは健康推進課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-0162   FAX:098-850-5343
問い合せはこちらから

ページのトップへ