ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

トップページ健康・福祉健康予防接種・感染症 > 日本脳炎予防接種について

日本脳炎予防接種について

日本脳炎予防接種特例について

日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、日本脳炎の予防接種のご案内を差し控えていました。その後に新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常どおりに受けられるようになっています。このため、平成7~18年度に生まれた方は、平成17~21年度に日本脳炎の予防接種を受ける機会を逃していることがありますので、日本脳炎予防接種の不足分を下記のとおり接種することができるようになりました。
(平成23年5月20日より)

1.予防接種(特例接種)の受け方(平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれ)

対象者:平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方
接種期間:20歳の誕生日の前日まで

接種を受けた回数 これから受ける回数と接種方法
1期 2期(1期の3回分が接種済みで9歳以上)
1回 1期初回1回目済 2回 6日以上の間隔で2回
(間隔は接種医と相談)
1回 9歳以上で1期接種終了後6日以上の間隔をおいて接種
(第1期との間隔は概ね5年の間隔をおいて接種することが望ましい。なお、1回目と2回目の間隔が5年以上空いている場合は、3回目と4回目の間隔は、概ね1年の間隔をおいて接種することが望ましい。)
2回 1期初回1回目・2回目済 1回 前回接種後、6日以上の間隔をおいて1回
(可能な限り、初回接種終了後概ね1年後に接種)
3回 1期(初回2回・追加1回)済 0回 1期所定の3回が済んでいますので1期の接種は不要です
0回 まったく受けていない 3回 1期初回接種として、6日から28日までの間隔をおいて2回接種
追加接種として、初回接種終了後おおむね1年の間隔をおいて1回
1回 9歳以上で1期接種終了後6日以上の間隔をおいて接種
(第1期との間隔は概ね5年の間隔をおいて接種することが望ましい。)

2.予防接種(特例接種)の受け方(平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれ)

対象者:平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方
接種期間:生後6か月から7歳6か月になる日の前日または、9歳~13歳の誕生日の前日まで
※日本脳炎予防接種の第1期を上記の期間に接種出来ます。

接種を受けた回数 これから受ける回数と接種方法
1期
1回 1期初回1回目済 2回 6日以上の間隔で2回(間隔は接種医と相談)
(既に接種済みの1回との接種間隔は6日以上をおく)
2回 1期初回1回目・2回目済 1回 前回接種後、6日以上の間隔をおいて1回
(可能であれば、初回接種終了後概ね1年後に接種)
0回 まったく受けていない 3回 1期初回接種として、6日から28日までの間隔をおいて2回接種
追加接種として、初回接種終了後概ね1年の間隔をおいて1回


【参考リンク】 ■厚生労働省HP

このページは健康推進課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-0162   FAX:098-850-5343
問い合せはこちらから

ページのトップへ