ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

トップページ健康・福祉健康予防接種・感染症 > 西アフリカでのエボラ出血熱発生についてお願い

西アフリカでのエボラ出血熱発生についてお願い

西アフリカのギニア、シエラレオネ及びリベリアを中心にエボラ出血熱の流行が続いていますので、エボラ出血熱流行地への渡航は、是非を検討してください。
なお、現在までに日本国内でエボラ出血熱患者は確認されていません。

流行国のギニア、シエラレオネ、リベリアに渡航し、帰国した後1か月以内に発熱した場合は、まず、南部保健所に連絡し、その指示に従ってください。



 
南部保健所 098-889-6591 
※夜間休日対応可

 
エボラ出血熱は、咳やくしゃみを介してヒトからヒトに感染するインフルエンザ等の疾患とは異なり、簡単にヒトからヒトに伝播する病気ではありません。病気に関する知識を持ち、しっかりした対策を行うことで感染を防ぐことができます。
エボラ出血熱について詳しくは、厚生労働省HP「エボラ出血熱Q&A」をご確認ください。

● 厚生労働省「エボラ出血熱に関するQ&A」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/ebola_qa.html








くわしくは・・・ 

● 厚生労働省検疫所「西アフリカでエボラ出血熱が発生しています」
http://www.forth.go.jp/topics/2014/08120913.html

● 外務省「海外安全ホームページ」
http://www.anzen.mofa.go.jp/








このページは健康推進課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-0162   FAX:098-850-5343
問い合せはこちらから

ページのトップへ