ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

トップページ健康・福祉健康子どもの健康・事故予防 > (情報提供)熱中症予防

(情報提供)熱中症予防

熱中症とは?

  熱中症とは、室温や気温が高い中での作業や運動により、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体がだるい、ひどいときにはけいれんや意識の異常など、様々な症状をおこす病気です。
特に乳幼児は体温調整の機能が未発達のため、大人よりリスクが高まります。一緒にいる保護者がきちんと対策する必要があります。
 
【小さなお子さんの注意と予防のポイント】
  • ・お子さんの様子を十分に観察しましょう
  1. ・遊びの最中には、水分補給や休憩しましょう
  2. ・外出時の服装に注意しましょう(帽子も忘れずに!)
  3. ・子どもは大人に比べて背が低く、地面の熱(ふく射熱)の影響を受けやすいので、気温よりも高い温度にさらされるため、いっそうの注意をしましょう
  4. ・車内にお子さんを残して車を離れるのは、短時間でも非常に危険です。絶対にやめましょう
  5. ・涼しい日陰でも、長くいると熱中症を起こしたり、帰宅後に熱を出す場合があるので気をつけましょう
  6. ・日頃から栄養バランスのとれた 食事や運動、遊びを通して暑さに負けない体づくりを実践しましょう

 
 
予防が大切!!気をつけよう熱中症(沖縄県HP)
 

このページは健康推進課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-0162   FAX:098-850-5343
問い合せはこちらから

ページのトップへ