ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

トップページ健康・福祉健康子どもの健康・事故予防 > (情報提供)医療機関ネットワークにみる店舗用ショッピングカートの子どもの事故  ー転落時の頭部損傷のリスクが高く、危険です!-

(情報提供)医療機関ネットワークにみる店舗用ショッピングカートの子どもの事故  ー転落時の頭部損傷のリスクが高く、危険です!-

スーパーマーケットやショッピングモール等の店舗には、購入する商品を運ぶための店舗用ショッピングカート(以下、「ショッピングカート」)があり、日常的に多くの消費者に利用されています。こうしたショッピングカートには、子どもを乗せる座席がついているものなど、大きさや形状にも様々なタイプがあります。店舗によっては、複数のタイプを揃(そろ)えており、子どもを座席に乗せて買い物をする姿もよく見受けられます。

 一方、医療機関ネットワーク(注1)には、店舗で子どもがショッピングカートから落ちてしまった、ショッピングカートに乗ったまま転倒してしまったなどの事例が多く寄せられ、頭部や顔面にけがを負ったり、なかには骨折や頭蓋(がい)内損傷などの重症事例も寄せられています。
(注1)消費者庁と国民生活センターとの共同事業で、消費生活において生命または身体に被害が生じた事故に遭い、参画医療機関を受診したことによる事故情報を収集するもの(2010年12月から運用を開始)。


ショッピングカートを利用する際のアドバイス
(1)ショッピングカートからの子どもの転落・転倒事故が多く発生しています。ショッピングカートの上に立つなどして転倒すると頭部を損傷するリスクが非常に高く、大変危険です。
(2)ショッピングカートの幼児席以外の部分に子どもを乗せたり、ショッピングカートで遊ばせたりすると危険です。注意表示をよく確認しましょう。


   詳細な情報はこちら ⇒ 国民生活センターからの注意喚起・情報提供

このページは健康推進課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-0162   FAX:098-850-5343
問い合せはこちらから

ページのトップへ