ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

トップページ健康・福祉健康妊婦の健康 > (妊婦の方への情報提供 )リステリア・モノサイトゲネスによる食中毒

(妊婦の方への情報提供 )リステリア・モノサイトゲネスによる食中毒

  リステリア・モノサイトゲネスによる食中毒
 

 

 リステリア・モノサイトゲネス(以下「リステリア」と呼びます。)は、動物の腸管内や環境中に広く分布している細菌で、食品を介して感染する食中毒です。
感染して重症化することはまれですが、妊婦、高齢者や免疫機能が低下している方(抗がん剤治療中やHIVエイズの方など)は、少量のリステリアでも発症し、敗血症や髄膜炎など重篤な状態(リステリア症)になることがあり、海外では死亡例も確認されています。
特に、妊婦が感染すると、リステリアが胎盤や胎児へ感染し、流産や生まれた新生児に影響がでることがあります。

気をつけた方がよい食品

 欧米では、ナチュラルチーズなどの乳製品、生ハムなどの食肉加工品、スモークサーモンなどの魚介類加工品、コールスローなどのサラダなどでリステリアによる集団食中毒が発生しています。
また、国内では、乳製品、食肉加工品や魚介類加工品などから、とても菌数は少ないですが、リステリアが検出されています。
冷蔵庫に長期間保存され、加熱せずにそのまま食べられる食品は、原因となりえますので注意が必要です。

 

  ◆リステリア食中毒の主な原因食品例

  ・生ハムなどの食肉加工品
  ・未殺菌乳、ナチュラルチーズなどの乳製品(加熱をせずに製造されるもの)
  ・スモークサーモンなどの魚介類加工品

家庭での予防策

リステリアは冷蔵庫内でも増えるので、冷蔵庫を過信せず、食品は期限内に(開封後は速やかに)食べるよう心がけましょう。リステリアは加熱により死滅するので、加熱して食べることも、予防対策の一つです。
  ◆家庭での予防方法
  ・生野菜や果物などは食べる前によく洗う。
  ・期限内に食べるようにする。
  ・開封後は、期限に関わらず速やかに消費する。
  ・冷蔵庫を過信しない。
  ・冷凍庫で保存する。
  ・加熱してから食べる。


リステリアによる食中毒についての詳細はこちら (厚生労働省 食中毒に関するHP)

このページは健康推進課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-0162   FAX:098-850-5343
問い合せはこちらから

ページのトップへ