ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 背景色
  • 標準
  • 黒
  • 青
  • 黄
  • 音声読み上げ
  • ご利用案内

B型肝炎予防接種の接種期間延長を実施します(H29年7月31日まで)

B型肝炎予防接種の接種期間延長について

公開日:2017年4月1日

 豊見城市では、平成29年7月31日までの間、下記の方を対象として行政措置によりB型肝炎予防接種の接種期間延長を実施します。
 3回の接種を完了していない方はお早めに接種を済ませましょう!!

【延長の理由】

 B型肝炎の予防接種は定期年齢(1歳に至るまで)の間に3回の接種を完了する必要がありますが、平成28年10月1日より定期接種となったため、下記対象者については通常のスケジュールより接種できる期間が短くなっています。
 そのため、定期年齢の間に3回すべての接種を完了できない場合があることから、定期年齢を超えた場合でも市独自の行政措置により接種費用を公費助成します。

【対象者】

豊見城市に住所登録のある平成28年4月~平成28年7月生まれの方

【延長期間】

平成29年7月31日まで

【接種回数】

これまで接種した分を含め3回まで

【接種費用】

無料

【接種場所】

平成29年度予防接種実施医療機関一覧(クリックするとPDFで確認できます)

【その他】

 ※新たな予診票の発行はありませんので、お手元にある予診票をご使用ください。
  なお、破損・紛失した方については再発行しますので、健康推進課までお問い合わせをお願いします。

 ※行政措置とは、予防接種法に基づく予防接種以外について、市独自の予算で予防接種にかかる費用を助成する制度です。
  行政措置による予防接種で健康被害が発生した場合でも豊見城市予防接種事故災害補償規則による補償または独立行政法人医薬品
  医療機器総合機構法による補償がありますが、予防接種法と比べて救済の対象や補償額等が異なりますので、可能な限り定期年齢
  内で接種するようお願いします。

このページは健康推進課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市翁長854番地1
TEL:098-850-0162   FAX:098-850-5343
問い合せはこちらから

ページのトップへ