ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

トップページくらし・子育て届出・証明住民基本台帳・住基カード > 住民票等に旧姓(旧氏)が併記できるようになります

住民票等に旧姓(旧氏)が併記できるようになります

令和元年11月5日から、本人の申し出により、住民票とマイナンバーカード(通知カード)に「旧姓(旧氏)」を併記することができるようになります。

旧氏とは?

その人の過去の戸籍上の氏のことです。
氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。
例)婚前の氏 等

どんなことに役立つ?

例1)各種の契約や銀行口座の名義人に旧姓が使われる場面で、その証明に使えます。
例2)転職・就職時など、仕事の場面でも旧姓で本人確認ができます。

旧姓(旧氏)併記の手続き

手続窓口

豊見城市役所 市民課  電話098−850−0103
注:住民登録のある住所地での手続きとなります。

必要書類

・戸籍謄本等 
*"旧姓が記載された戸籍謄本等" から "現在の氏が記載されている戸籍"に至までの全ての戸籍謄本等
・マイナンバーカード(通知カード)
*所有者のみ
・本人確認書類(運転免許証等)
*マイナンバーカードを持参した場合は不要。通知カードは本人確認書類になりません。

記載できる旧姓(旧氏)

・戸籍に記載されている過去の氏から1つ選んで併記することができます。
・他市区町村に転入しても引き続き記載されます。
・必要がなくなった場合は、旧姓(旧氏)を削除することができます。

備考

・住民票に旧姓が併記されると、マイナンバーカードにも旧姓が併記されます
(既にマイナンバーカード(通知カード)をお持ちの方は券面事項記載欄に追記します。)
・マイナンバーカードをお持ちでない方は、市民課窓口でマイナンバーカードの申請用紙を受け取ることができます
(マイナンバーカードには旧姓(旧氏)が併記されて交付されます)。
・豊見城市では印鑑登録証明書に旧姓(旧氏)を併記することはできません。

詳しくは総務省のチラシまたはホームページをご覧ください。


 チラシ(表)PDF  チラシ(裏)PDF

 総務省ホームページ 

このページは市民課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-0103   FAX:098-850-1701
問い合せはこちらから

ページのトップへ