ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

特別児童扶養手当

特別児童扶養手当とは

特別児童扶養手当は、身体や精神に障害がある20歳未満の児童について手当を支給し、児童の福祉の増進を図るための制度です。

受給資格者とは

手当を受けることができる人は、身体や精神に別表に該当する程度の障害がある児童の父もしくは母、又は父母にかわってその児童を養育している人です。

※ ただし、次のような場合は手当を受けることができません。

児童が・・・

  1. 日本国内に住所がないとき
  2. 障害を支給事由とする公的年金を受けることができるとき
  3. 児童福祉施設等に入所しているとき

父、母又は養育者が・・・

  1. 日本国内に住所がないとき

手当の支払い

手当は、認定請求した日の属する月の翌月分から支給されます。
手当を受けられる要件にあっても、認定請求を行い県知事の認定を受けなければ手当は支給されません。

なお、手当は子育て支援課に認定請求書及び必要書類を提出し、県の審査を経て県知事の認定を受けることにより支給されます。

手当の支払時期は、
4月11日、8月11日、11月11日の年3回(11日が土日・祝日の場合はその前日)
支払月の前月までの分が受給者の指定した金融機関へ振り込まれます。

手当の額(平成31年4月から)

区分 支給額
1級該当の児童1人につき 月額 52,200円
2級該当の児童1人につき 月額 34,770円

申請に必要な書類

  • 住民票とう本 ※ 請求者と対象児童が同世帯のもの
  • 戸籍とう本 ※ 請求者と対象児童のもの
  • 児童扶養手当用所得証明書 ※申請時期によって年度が異なりますので、事前にご確認ください。
  • 請求者名義の預金通帳
  • 認め印 ※ シャチハタ印不可
  • 指定の様式の診断書 ※障害に応じた指定の様式となりますので窓口にてご確認ください。

所得の制限限度額

受給者及び扶養義務者の前年所得が、所得制限の限度額以上である場合、当該年度(8月から翌年の7月まで)は、『支給停止』 となります。

扶養親族の数 受給者 配偶者及び扶養義務者
0人 4,596,000円 6,287,000円
1人 4,976,000円 6,536,000円
2人 5,356,000円 6,749,000円
3人 5,736,000円 6,962,000円
4人 6,116,000円 7,175,000円
5人 6,496,000円 7,388,000円
6人以上1人増す毎 上記金額に380,000円加算 上記金額に213,000円加算

※実際の所得の計算は、課税台帳により確認した前年の所得から諸控除額を差し引きます。

手当てを受けている方の届出

所得状況届

手当を受けている方は、毎年8月に所得状況届の提出が必要です。

所得状況届は、受給者の前年の所得の状況と、8月1日現在の児童の養育の状況を確認するための届出です。

※ この届を提出しないと、引き続き受給資格があっても8月以降の手当ての支給を受けられなくなりますので必ず提出してください。

なお、現況届を提出しないまま2年を経過すると時効となり手当を受ける資格がなくなりますので、ご注意ください。

障害認定届

「 障害認定通知書 」の通知の中に示されている障害の状態の診断書を期限までに提出しなければなりません。

※ 提出がないと、所得状況届が提出されていても期限から遅れた月分の手当が支払われなくなりますのでご注意ください。

変更届

受給者や対象児童に住所や氏名等の変更があった場合は、手続きが必要となりますので、詳しくは子育て支援課までお問い合わせください。

資格喪失届

次のような場合は、手当てを受ける資格がなくなりますので、すぐに届け出てください。

  • 対象児童を監護・養育しなくなったとき
  • 対象児童が児童福祉施設等に入所したとき
  • 対象児童が法に定める障害の状態に該当しなくなったとき
  • 対象児童が障害年金を受けられるようになったとき
  • 対象児童が20歳になったとき

※ なお、受給資格がなくなってから支給された手当は全額返還していただくことになりますので、早めの申請をお願いします。

このページは子育て支援課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-0143   FAX:098-856-7046
問い合せはこちらから

ページのトップへ