ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

退職者医療制度

会社等を退職して国保に加入した65歳未満の人が年金受給者となったとき、その人とその家族(被扶養者)が、「退職者医療制度」で医療を受けます。

対象になる人

1 国民健康保険に加入している人、または、これから加入する人
2 65歳未満の人
3 厚生年金や各種共済組合などの年金を受ける資格があり、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降10年以上ある人

対象になる日

年金の受給権が発生した日

届け出の方法

年金証書などを受け取ったら、14日以内に年金証書、保険証を持って国保年金課 給付係  窓口に届け出てください。「退職者被保険者証」が交付されます。

医療にかかるとき

病院などの窓口で「退職者被保険証」を提示すれば医療を受けることができます。医療の自己負担割合は「一般」の国保と同様です。

自己負担割合

退職被保険者(本人) 65歳未満 3割
被扶養者(扶養家族) 小学校入学前 2割
被扶養者(扶養家族) 小学校入学後 3割

お問い合わせ:
国保年金課 給付班
TEL:850-0160

このページは国民健康保険課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-0160   FAX:098-850-1701
問い合せはこちらから

アクセスマップ

ページのトップへ