ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 背景色
  • 標準
  • 黒
  • 青
  • 黄
  • 音声読み上げ
  • ご利用案内

ホームくらし・子育て国保・年金国民年金 > 第三者行為(交通事故など)の届け出について

第三者行為(交通事故など)の届け出について

第三者行為(交通事故など)の届け出について

交通事故等の事由により第三者(加害者)の行為によって怪我を負い、国民健康保険を使用するのは
保険者に届け出が必要になります。
本来、加害者が治療費を負担することになりますが、一時的に市が加害者に代わって立て替えるため、
のちに加害者へ過失割合に応じ保険適用分の医療費を請求することになります。
  • 示談をする前に

  • 届け出を行う前に加害者と示談を行ってしまうと、国民健康保険が支払った治療費を加害者に請求
  • できなくなり、国民健康保険証が使えない場合があります。
  •  
  • 国民健康保険が利用できない場合

  • 雇用主が負担すべき事故(労働災害、通勤災害)飲酒運転や無免許運転による事故等
  •  
  • 届け出に必要なもの

  • ・印鑑
  • ・国民健康保険証
  • ・個人番号カードまたは個人番号通知カード
  • ・第三者の行為による傷病届
  • ・念書
  • ・傷病原因届出書


PDF:第三者の行為による傷病届
PDF:念書
PDF:傷病原因届出書

ページのトップへ