ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

トップページくらし・子育て税金個人住民税(市民税・県民税) > 配偶者控除及び配偶者特別控除の改正について

配偶者控除及び配偶者特別控除の改正について

配偶者控除及び配偶者特別控除の改正について

平成29年度税制改正により配偶者控除および配偶者特別控除が見直され、次のとおり改正されることとなりました。

改正が適用される時期

平成30年1月以降の所得に適用され、平成31年度市民税・県民税および平成30年分所得税から反映されます。

改正内容

1.配偶者控除について、扶養者に所得制限が設けられ、合計所得金額が900万円)を超えると控除額が減少し、合計所得金額が1,000万円を超える場合は適用できません。

2.配偶者特別控除について、扶養者の合計所得金額が900万円以下かつ、配偶者の合計所得金額が38万円を超えて85万円以下の場合は、従来の配偶者控除と同額(住民税:33万円、所得税:38万円)の所得控除が受けられるようになります。配偶者特別控除が適用される上限も合計所得金額が123万円未満まで拡大され、それに合わせて控除額が変更されます。また、扶養者の合計所得金額が900万円を超えると控除額が減少し、合計所得金額が1,000万円を超える場合は適用できません。


具体的な改正内容及び控除額は、下記掲載資料(pdf)のとおりです。

配偶者控除額及び配偶者特別控除額一覧(改正後)




 


このページは税務課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-0245   FAX:098-850-1701
問い合せはこちらから

ページのトップへ