ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

選挙人名簿について

選挙人名簿について

選挙の際に投票するためには、選挙権を有していても、選挙人名簿に登録されていることが必要です。選挙人名簿には、永久選挙人名簿、在外選挙人名簿等の名簿のほか、一定の要件を満たしたいくつかの選挙人名簿(農業委員会委員選挙人名簿等)があり、これらの名簿に登録・登載された者(選挙人)がそれぞれの選挙において投票を行うことができることとなっています。

永久選挙人名簿

一般に言われる「選挙」で使用される名簿で、住民基本台帳の記録等に基づいて選挙管理委員会が調製、保管する名簿です。いったん登録された方は、他の市町村に転出して4ヶ月を経過したとき、死亡したとき以外は抹消されることがないので永久選挙人名簿と呼ばれています。

登録要件 1. 日本国民で年齢満18歳以上の者
2. 住民票が作成された日(転入届をした日)から基準日において引き続き3ヶ月以上豊見城市に住所を有していること
登録の時期 1. 定時登録・・・・毎年3・6・9・12月の1日を基準日として年4回
2. 選挙時登録・・・・選挙の際基準日を定めて登録
登録の抹消 1. 死亡、又は日本国籍を喪失したとき
2. 転出して4ヶ月を経過したとき
3. 登録の際に登録される者でなかったとき

在外選挙人名簿

国外に居住する日本国民で、国政選挙の投票を希望する方は、在外選挙人名簿に登録することで投票をすることができます。

在外選挙人名簿の登録は、登録申請が必要です。

登録要件 満18歳以上の日本国民で、引き続き3ヶ月以上、お住まいの区域を管轄する領事館の管轄区域内に住所を有する方
申請書受付窓口 管轄の在外公館(領事館)
登録地
(外務省を経由してここに申請することになります)
原則として日本国内の最終住所地の市区町村選挙管理委員会
(ただし、海外で出生し帰国したことのない方、平成6年4月30日以前に出国された方は本籍地の選挙管理委員会)

農業委員会委員選挙人名簿

※農業委員会等に関する法律の一部改正が平成27年8月28日に成立し農業委員の選出方法が、選挙制と市町村長の選任制の併用から「市町村長の任命制」に変更されましたので、農業委員会委員選挙人名簿の作成が不要となりました。

海区漁業調整委員会委員選挙人名簿

海区漁業調整委員会委員選挙人名簿登録は、漁業従事者からの申請主義を取っており、毎年申請に基づき選挙管理委員会で選挙人名簿を作成します。

海区漁業調整委員会委員の選挙が行われるときは、この選挙人名簿をもとに選挙を行うことになりますので、漁業者又は漁業従事者の方は毎年忘れずに申請書を提出して下さい。

登録要件 満18歳以上の年齢で、次のすべての要件に該当する方
1. 漁業者又は漁業従事者であること
2. 豊見城市に住所又は事業場を有すること
3. 1年に90日以上漁船を使用する漁業を営み又は従事すること
申請期間 毎年9月1日から9月5日まで
申請書提出先 豊見城市選挙管理委員会

このページは選挙管理委員会事務局が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-8859   FAX:098-850-0607
問い合せはこちらから

ページのトップへ