ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

トップページ市政・まちづくり施策・計画 > 豊見城市における新しい公共交通システム導入可能性調査

豊見城市における新しい公共交通システム導入可能性調査

新しい公共交通システム導入可能性調査報告書〔平成28年度報告書〕※一部改定版

 本市では、那覇市後背圏や広域的な道路整備による利用性向上等の立地特性により、住宅開発ニーズや商業・物流・観光等の新たな受け皿として順調に発展している一方で、南北道路中心とした道路混雑や市内の東西道路の不足などにより道路交通混雑のみならずバスの定時・速達性が課題となっています。このため、市の総合計画では、新庁舎移転等による新たな中心核の形成とあわせ、多機能都市構造への再編と総合的な交通ネットワーク形成等を謳っております。
 このような背景を踏まえ、公共交通機関の利用低下や沖縄県が行う鉄軌道を含めた新しい公共交通システムに対応し、観光客及び住民の生活利便性の向上及び産業の振興を図るため、本市における公共交通の現状把握及び課題の整理、新しい公共交通システム導入意義、将来像やモデルルートの設定と需要予測、実現に向けた施策の展開等の調査及び検討を行いました。

新しい公共交通システム導入可能性調査(平成28年度(全体版))

新しい公共交通システム導入可能性調査(平成28年度(概要版))

新しい公共交通システム導入可能性調査報告書〔平成29年度報告書(社会実験計画書及び概要書)〕

 平成28年度に本市における望ましい将来の公共交通の姿を検討を行い、あわせてその実現に向けた施策の整理を行いました。その短期施策の一つとして、新庁舎移転に伴う市内一周線ルート変更を行うこととしており、平成29年度に新たな市内一周線のルートの検討を実施しました。
 また、ルートの検討において、豊見城市内を対象にPI(パブリックインボルブメント)を実施しております。

新しい公共交通システム導入可能性調査(平成29年度 社会実験計画書(全体版))

新しい公共交通システム導入可能性調査(平成29年度 社会実験計画書(概要版))

市内一周線に関するPI結果

平成31年4月より運行予定の新しい市内一周線のルート図



このページは都市計画課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市翁長854番地1
TEL:098-850-5332   FAX:098-850-6323
問い合せはこちらから

ページのトップへ