ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

トップページ市政・まちづくり寄付ふるさと納税 > ワンストップ特例制度について

ワンストップ特例制度について

ワンストップ特例制度について

ワンストップ特例制度について

平成27年4月1日より「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。
この制度は、寄附をされた方が寄付先の自治体(豊見城市)へ申請を行い、寄付先の自治体が、その方の住所地の市区町村への控除申請を代行する ことで、ご本人様が申告することなく個人住民税の控除を受けることができるものです。この場合、所得税からの還付は無く、所得税の軽減相当分も含めて個人住民税からまとめて控除を受けることになります。
 

ワンストップ特例の対象者(以下2つの条件を満たす必要があります)

確定申告が不要な給与所得者
(1)確定申告を行わなければならない自営業者等の方や、給与所得者の方でも、医療費控除や株式等で確定申告を行う方などは対象となりません。
(2)「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出していても、確定申告または住民税申告をされた場合は、ワンストップ特例の適用は受けられなくなります。確定申告または住民税申告を行う場合は、寄附金に関する申告も忘れないようにご注意ください。
1年間におけるふるさと納税が5団体以内の場合で確定申告を行わない場合
(1)5以下の自治体に寄附する予定で、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出していても、結果として6以上の自治体に寄附された場合、全ての寄附について特例は受けられなくなりますので、必ず確定申告または住民税申告を行ってください。
(2)同じ自治体に複数回寄附をしても1団体と数えます。

ワンストップ申請方法について

上記2つの要件に該当し、制度の利用を希望する方は、下記の書類を豊見城市企画財政課までご提出ください。
寄附金税額控除に係る申告特例申請書
寄附金税額控除に係る申告特例申請書
寄附金税額控除に係る申告特例申請書(記入例)
「個人番号確認の書類」と「本人確認の書類」の写し
申請の際、個人番号(マイナンバー)の確認とご本人様確認のための書類をご提出いただく必要があります。


  「個人番号カード」をお持ちの方 「通知カード」をお持ちの方 左記のいずれもお持ちでない方
(1)個人番号確認書類 「個人番号カード」の裏面の写し 「通知カード」表面の写し 個人番号の記載された住民票の写し
(2)本人確認書類 「個人番号カード」表面の写し ・運転免許証
・パスポート
など顔写真のあるものの写し1点

 または

・健康保険手帳
・年金手帳
などの写真なしの本人確認書類2点
・運転免許証
・パスポート
など顔写真のあるものの写し1点

 または

・健康保険手帳
・年金手帳
などの写真なしの本人確認書類2点
申請した内容に変更が生じた場合
申請書の提出後に、住所、氏名などに変更があった場合は、申請をした翌年の1月10日までに下記の書類を提出してください。
寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書

留意事項

(1)平成30年寄附分の申請書の提出期限は平成31年1月10日(木曜日)です。
(2)申請内容に変更があった場合には、変更届出書を同期限までに必ず提出ください。
(3)申告特例申請書並びに返信用封筒をご希望の場合は、お手数ですが下記担当(企画財政課)までご連絡ください。
(4)返信用封筒の送料は寄付者負担になります。
(5)ワンストップ特例を申請した方が確定申告をした場合は、確定申告が優先されます。ワンストップ特例の申請をされずに確定申告をされる場合は、ふるさと納税に伴う寄付金控除を含めて申告手続きを行ってください。



このページは企画政策課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-0364   FAX:098-850-5343
問い合せはこちらから

ページのトップへ