ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

トップページ歴史・文化文化振興豊見城市のしまくとぅば > 豊見城市しまくとぅば読本

豊見城市しまくとぅば読本

※電子版は、下記の「アンケートのお願い」からダウンロードできます。
 

はじめに

 沖縄県は平成18年に「しまくとぅばの日に関する条例」を制定し、毎年9月18日(く・とぅ・ば の語呂合わせ)に「しまくとぅば県民大会」を実施するなど、沖縄県をあげて「しまくとぅば」の普及継承を推進しています。

 豊見城市でも文化協会を中心に「豊見城市しまくとぅば子ども教室」の開催や「しまくとぅば語やびら豊見城市大会」等が催され、普及継承に努めています。

 今後、更なる普及継承を推進するため、教育委員会文化課では平成27年度に一括交付金(沖縄振興特別推進市町村交付金)を利用して「豊見城市しまくとぅば読本」を制作致しました。


 





 

豊見城市の「しまくとぅば」と読本について

 豊見城市には伝統的な村落が24地域あり、それぞれ地域独自の「しまくとぅば」が残されています。現在、豊見城市に住んでいる市民には、宮古八重山など離島出身者も多く、豊見城市内でも多種多様な「しまくとぅば」が存在しています。

 

 



 今回の読本では、多くの「しまくとぅば」の中から市内5地域を聞き取り調査してまとめました。
 5地域の内訳は、字豊見城・字我那覇・字翁長・字根差部・字饒波です。市内の5地域においてもそれぞれ単語やイントネーションの違いがあり、多様な様相が読本の表記や音声によって比較できるよう作成しています。
 

 


 

 

 読本の低学年用と高学年用は、一部を除きほぼ同様のつくりとなっています。ただ、低学年用に関しては、文字表記を2年生までに既習済みの漢字を使用し、全てルビを振っていたり、文章量を減らしたり、イラストを大きくするなど読みやすいよう配慮した作りとなっています。

 内容については、豊見城市の「しまくとぅば」を地名、動物、植物、野菜、遊び、体の部位等の単語や、朝、登校、学校、給食、帰り道等の一日の生活について紹介しています。他にも地域の名所や伝統行事、農作物や工芸品、豊見城に縁のある偉人「ジョン万次郎」を扱うなど、「しまくとぅば」を学びながら地域学習もできる様に作成しました。さらに巻末には、共通語からしまくとぅばを検索できる索引をつけ、言葉を調べたり作文を訳したりする際にも活用できるようにしてあります。


 



「豊見城市しまくとぅば読本」の種類と配布について

 今回作成した読本の種類は、小学1年生から4年生までの「低学年用」、小学5年生から中学3年生までの「高学年・一般用」の読本2種類です。他にも、音声が聞ける電子書籍とCDプレイヤーで音声が聞ける音声CDも作成しました。読本については、豊見城市内の全児童生徒と教員へ配布を行いました。電子黒板やパソコンで使える電子書籍についても学校に配布しました。
 

 児童生徒以外の市民用にも、「高学年・一般用」の読本を豊見城市教育委員会文化課にて配布しております。数に限りが御座いますので、下記の方までお問い合わせください。

 音声CDについてはパソコンが利用できない方や調査協力して頂いた地域へ配布しております。御希望の方は御連絡下さい。

 

ホームページで読本の電子書籍版をダウンロード出来ます。
こちらは紙面も同じものに、5地域の音声が入っています。
実際に音を聞きながら読む事ができます。
(下記の「アンケートのお願い」の内からダウンロードできます)



アンケートのお願い(電子書籍版ダウンロード)


 今回「豊見城市しまくとぅば読本」を制作し市内小中学校へ配付していますが、今後は読本を活用した効果を数量的に把握できればと考えています。その方法として、読本を読む前のアンケートと読んで活用した感想のアンケートを実施し、今後の「しまくとぅば普及継承」の効率的方法を検討する際の材料とします。
 

 そこで、電子書籍版(音声入り)のダウンロード前にこちらのアンケートへ回答お願い致します。所要時間は1分程度で終わります(全7項目)。アンケート終えた後に、ダウンロードするページにアクセス出来ます。また、読本を読んだり活用したりした方々にも、使い方や感想などのアンケートも御座いますのでご協力お願い致します。
 

1、豊見城市しまくとぅば読本(電子書籍版・音声入り)
[アンケート後にダウンロード リンクがあります]



2、読本使用後の利活用や感想についてのアンケート


 

お知らせ(読本が紹介された事例等)

2016.06.21
 『豊見城市しまくとぅば読本配布式』


2016.06.30
 沖縄タイムス
 「豊見城のしまくとぅば紹介 市教委 児童向け副読本作成(22面)」

2016.07.05
 沖縄情報ポータルサイトDEE okinawa
 『めちゃめちゃディープな「豊見城しまくとぅば読本」』

2016.07.07 
 琉球新報
 「しまくとぅば身近に 豊見城教委 児童向け読本を配布(29面)」

2016.07.14 
 NHK沖縄放送局 7:45 NEWS
 「豊見城市“しまくとぅば読本”発行」

2016.07.14
 NHK沖縄放送局 「おきなわHOTeye」
 「豊見城市“しまくとぅば読本”発行」

2016.08.21
 沖縄タイムス 「うちなぁタイムス」
 「豊見城くとぅば 字ごとに多様性 市教委が読本(27面)」

2016.11.13
 文化庁主催「平成28年度 危機的な状況にある言語・方言サミット(奄美大会)・与論」で事例報告しました。豊見城市しまくとぅば読本の取り組みが全国的に先進的な事例として発表の機会をいただきました。
 
<報道>
 2016.11.13
  テレビ朝日 報道ステーションSUNDAY
  「「消滅危機の方言」を守れ!与論島で方言サミット」

  テレビ朝日 テレ朝news 
  「「消滅危機の方言」を守れ!与論島で方言サミット」

  YouTube ANNnewsCH
  「「消滅危機の方言」を守れ! 与論島で方言サミット(16/11/13)」

  NHK おはよう日本
  「"消滅危機"の言語や方言を次世代に 取り組み報告」

  NHK NHKかぶん(科学文化)ブログ
  「"消滅危機"の言語や方言を次世代に 取り組み報告」

  奄美新聞 
  「言語・方言サミット奄美大会in与論」
 
 2016.11.14
  琉球新報
  「危機8言語の継承考える 与論でサミット 地域課題語る」

  YouTube 琉球新報
  「2016年度危機的な状況にある言語・方言サミット(奄美大会)・与論」
 
 2016.11.15
  南海日日新聞
  「「残そう」意識が大事/与論で危機言語サミット」

  テレビ朝日 スーパーJチャンネル
  「鹿児島県与論町・「危機言語・方言サミット」開催」

 2017.05.06
  奄美新聞
  「方言サミット奄美大会報告書」
 
<ブログ等>
 2016.11.21
  さすらいの風来簿
  「方言サミット No1」 ・ 「方言サミット No2」


2016.12.16
 沖縄テレビ 18:14 「みんなのニュース おきコア」
 「キラリ島パワー-ウチナーの明日-」「豊見城のしまくとぅばの魅力継承へ」

2017.01.04 
 琉球新報
 「思い語らな~くとぅば 私 うちなー~ 55回 金城清栄さん(字饒波)(25面)」

2017.05.30 
 FMぎのわん 「肝がなさ しまくとぅばニュース」(毎週火曜15:00~15:56)
 豊見城市しまくとぅば読本の活動について紹介させていただきました。
 番組動画 → 肝がなさしまくとぅばニュース@2017/05/30(YouTube)

2017.07.14
 豊見城市しまくとぅば読本を増刷しました。
 教育委員会では、平成28年度に全校生徒にしまくとぅば読本を配布しており、平成29年度に入学・進学した小学校新1年生と新5年生それぞれに低学年用と高学年・一般用を増刷して配布しました。

2017.07.26
 琉球新報
 「学ぼう豊見城言葉 -市教委 児童1800人に読本配る-(24面)」

2017.08.02
 沖縄タイムス
 「豊見城くとぅば 学んで -児童1800人に副読本配布-(21面)」

2017.08.01
 広報とみぐすく 8月号
 「しまくとぅばを後世に~しまくとぅば読本を配布~(11ページ)」

2017.09.06 
 琉球新報
 「思い語らな~くとぅば 私 うちなー~ 67回
  川上勝一さん(豊見城市文化協会 島くとぅば部 部長)(24面)」



お問い合わせ

豊見城市教育委員会 文化課
〒901-0232
豊見城市字伊良波392番地 ← クリックすると地図が出ます
TEL:098-856-3671
FAX:098-856-1215
ホームページから問い合わせる ←こちらから文化課宛にメールが送れます。

このページは文化課が担当しています。

〒901-0232 沖縄県豊見城市伊良波392番地
TEL:098-856-3671   FAX:098-856-1215
問い合せはこちらから

ページのトップへ