ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 背景色
  • 標準
  • 黒
  • 青
  • 黄
  • 音声読み上げ
  • ご利用案内

慰霊の日関連企画展「戦世の暮らし・想い・動き 」開催のお知らせ




 
 豊見城市歴史民俗資料展示室では、慰霊の日関連企画展示会として戦世(イクサユー)の暮らし・想い・動き ~言葉文字が語る 沖縄・豊見城の戦時下~」を開催致します。
 
 戦後70年余りが過ぎ、当時を知る人々の記憶、証言を次世代に伝えていく動きが活発になっています。
現在とくらべると大きな違いのある戦時下の様子を正しく理解し、継承していくには、遺された証言と、当時の記録(文字資料)を組み合わせ考えていく必要があります。

 『豊見城村史戦争編』の執筆など、これまでに収集してきた証言と、戦果を免れた 戦時国債、石碑、日本軍の戦時日誌、一般住民の個人日記などの文字資料を組み合わせて、豊見城村を中心とした 戦時下における日常の暮らし、価値観・思想といった想い、人びとの動きなど への理解を深める展示会を行います。

 

開催期間

2017年5月30日(火)~ 7月2日(日) 期間中毎日開室。
開室時間 9:00 ~ 17:00
入館無料
  
※入室は閉室時間の15分前までです。
※12時~13時は休憩時間です。


閉室期間

展示会準備のため   5月22日(月) ~ 5月29日(月)
 

連絡先


豊見城市教育委員会 生涯学習部 文化課
豊見城市立歴史民俗資料展示室(市立中央図書館1階)[←クリックすると地図が出ます]

TEL:098-856-3671
FAX:098-856-1215

このページは文化課が担当しています。

〒901-0232 沖縄県豊見城市伊良波392番地
TEL:098-856-3671   FAX:098-856-1215
問い合せはこちらから

ページのトップへ